fly with the wind


fly with the wind
osamu's rc flight

ブレード・ナノQX
Blade Nano QX

モデル名

Blade Nano QX

販売

E-flite/ Horizon Hobby

操縦系統

エルロン、エレベーター、ラダー、モーターコントロール

ローター径

50mm

機長

140mm

飛行重量

18g

動力ユニット

6mmコアレスブラシモーター×4
3.7V150mAh 25Cリポバッテリー

RC装置

4 in1ユニット(SAFE Technology、2.4GHz DSM2/DSMX)

1.概 要

 固定ピッチマイクロクワッド。BNFキットには、リポバッテリー、USB充電器、スペアキャノピー、スペアローター1セットが付属します。バッテリーは3.7V150mAh 25Cで、ブレードNano CPX用と同じです。

2.DXeを使う

 本機はDSM2/DSMX対応で、2018年4月現在、国内ではエアクラフトさんが販売されているSpektrum社のプロポ、DXe(技術基準適合証明済み)が使用できます。以下の手順でバインドします。

 DXeのエンコンスティックを最スローにし、右肩奥のスイッチをARM側にし、電源は切っておきます。Nano QXのキャビンを外します(LED確認のため)。機体にバッテリーを接続して平らなテーブルなどの上に置きます。青LEDが高速点滅を始めたら、プロポのバインドボタン(アンテナ左横)を押しながら電源スイッチを上にスライドさせ、電源を入れます。機体のLEDが青点灯になればバインド完了です。

 この機体は、安定モード(Stability mode)とスタントモード(Agility mode)を切り替えられるようになっています。DXeではバインドボタンを押すことで切り替えができます。青LED点灯が安定モード、赤LED点灯がスタントモードです。慣れれば、キャビンを装着した状態でも確認できます。

・関連サイト:エアクラフト:DXe


2.JRのプロポを使う

 また、この機体はJRのモジュール式プロポ(PCM9X II、11X ZEROなど)に、TD2.4LPモジュールを取り付けることでフライトできます。操縦系統は4チャンネルですが、安定モード(Stability mode)とスタントモード(Agility mode)の切り替えにチャンネル6を使用するため、ブレードmSR付属のプロポでは、フライトモード切り替えができません。

 まず、JR 11X ZEROを設定します。設定データは、取説に掲載されているDX8の数値を入力しました。モデルタイプは「ACRO」にします。

 この機体は、上述のように安定モード(Stability mode)とスタントモード(Agility mode)を切り替えられるようになっています。この切り替えはフラップチャンネル(チャンネル6)のトグルになっているため、11X ZEROでは、「FLAP SYSTEM」を以下のように設定しました。これで、右肩のフラップスイッチでモードの切り替えができます。本体のLED青が安定モード、赤がスタントモードです。


FLAP
NORM:
0%
MID:
50%
LAND:
0%

3.リビングでホバ

 小さい機体なので、リビングでホバしてみました。

 まず、安定モード。Walkera QR Ladybirdに近い感覚で、安定してホバできます。エレベーター、エルロンを打っても、すぐに復元します。

 次にスタントモードにして離陸を試みましたが、動きが大きく敏感になるため、筆者の狭いリビングではむずかしく、ホバするだけでも気が抜けません。もうちょっと広い部屋か、屋外で試してみたいと思います。

 上掲の動画は、3フライト目で、安定モードでフライトしています。

 なお、タイマーを設定して、安定モードで連続5分ホバした直後の電圧は3.7Vでした。

last modified: 2018.04.15



fly with the wind